2011年08月25日

青空文庫リーダーごとに全く違うUI!例えばしおりと検索(bREADER)

定番と言える青空文庫リーダーでも、組版や独自テキストのダウンロード方法はそれぞれ違っている。

違うのはそれだけではない。

ユーザインタフェイスにも各々個性がある。

読書の手助けになる「しおり」「検索」「目次」機能を見てみよう。

bREADER バージョン1.2.7 (更新2011/07/29)

ページの真ん中あたりをタッチすると、上にツールボタンが表示される。

bREADER 1.2.7 上下のボタン

一番右のしおりの形をしたアイコンをタップすると、検索バーが出る。

bREADER 1.2.7 検索/目次/しおり

検索バーの中をタップするとキーワードを入力できる。その下に「目次」と「しおり」のボタンがある。

bREADER 1.2.7 検索

キーワード入力後に検索ボタンをタップすると検索結果が表示される。1000ページ以上あっても検索結果の表示はほぼ一瞬だ。

bREADER 1.2.7 検索結果

説明書によると目次はePub形式のみ対応のようだが、青空文庫形式のテキストでも作品によって目次の出てくるものと出てこないものがある。出てきても詳細なものと簡単なものがある。テキストの注記方法によって違ってくるのだろうか。

チャールズ・ディケンズの『クリスマス・カロル』は目次が出なかった。

クリスマス・カロルの目次

片岡義男の『波乗りの島』は細かい。

波乗りの島の目次

堀辰雄の『風立ちぬ』はあっさりしている。

風立ちぬの目次

「しおり」ボタンをタップすると、しおり画面に変わる。

bREADER 1.2.7 しおり画面

ここまで3タップだが、この画面を出すショートカットがある。画面の下端から上にドラッグするだけで一瞬のうちに切り替わる。

左上には検索アイコン、右上には目次アイコンがある。どちらもさっきの手順を短縮できる。

右下の「しおり追加」ボタンをタップすると、そのページにしおりが挟まれ、元の画面に戻る。これも一瞬だ。

しおりを選ぶには、画面の下端から上にドラッグし、左右のフリックでしおりを挟んだ画面のサムネイルを切り替える。目的のページが出たら、そのページのサムネイルか、左下の「完了」ボタンをタップする。

「めくる前のページに戻る」ボタンはbREADERのユニークな特長だ(豊平文庫にも同様の機能はあるが)。

しおり機能でページをジャンプした後や検索でページをジャンプした後、ジャンプする前のページを自動的に記憶しているのだ。めくる前のページはサムネイルの右上の角が折られている。

bREADER 1.2.7 戻り先

読書の途中で、前にしおりを挟んだページを参照したり、検索して読み返したりした後、元のページに戻れるのは非常に便利だ。

ちょうど、今読んでいるページに指を挟んで、他のページをパラパラめくった後、元のページに戻るようなものだ。

しかも、しおりに使うボタンは下に並んでいる。上にドラッグする操作を含めて、iPhoneを片手持ちしていても、親指1本で容易に操作できる。左右にフリックするのも軽々できる。

スパスパと切り替わる画面効果と相まって快適そのものだ。

最初にこの機能に触れた時は感動した。

しかし、まだ完全無欠とまでは言えない。

しおりというのは本の中の気になる箇所に挟み込むものだが、似たようなものとしてマーカーがある。さらに、気になる箇所には書き込みもしたくなる。

しおりがページ単位の目印だとしたら。単語単位のピンポイントな目印がマーカーだ。書き込みもピンポイントな部分にするのが普通だ。

bREADERにもマーカー機能とメモ機能が欲しい。

ユーザインタフェイスとしては、コピペや辞書連携に使う「なぞって範囲指定」に「マーカー」と「メモ」のメニューが出るのが望ましい。赤ペンで傍線を引いたり書き込みをするイメージに近いからだ。

「マーカー」と「メモ」は「しおり」や「目次」の画面で表示・削除できると良い。


posted by リーダーアプリ奉行 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | bREADER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

UIに優れた青空文庫リーダーbREADERの削除機能に提案

青空文庫リーダーbREADER バージョン1.2.7の日本語組版の美しさには定評があるが、bREADERの魅力はそれだけではない。

本棚や本文をピンチ操作して単純にズームするのではなく、本や文字の大きさに応じて並べ直してくれるリフローを行ってくれるのはbREADERだけだ。操作のレスポンスも心地良い。

ただ、その優れたユーザインタフェイスも完全無欠とまでは言えない。

今日は削除機能に絞って、いくつか提案したい。

現状をまず見てみよう。

bREADER 1.2.7 本棚画面

上は本棚画面だ。ここで左上の編集ボタンをタップすると編集モードになる。

bREADER 1.2.7 編集モード

編集モードでは、チェックマークが入る丸が本の左肩に現れる。左下には"本を削除"という目立つ赤いボタンも現れるが、字が薄くまだ機能が有効でないことが見て取れる。

bREADER 1.2.7 本を選択

それぞれの本をタップすると、丸が赤くなりチェックマークが入る。同時に"本を削除"の白抜き文字も明瞭になり、選択した数が括弧書きされて、削除機能が有効になったことが明示される。

bREADER 1.2.7 削除確認

"本を削除"をタップすると、削除確認のダイアログが現れる。

bREADER 1.2.7 設定画面

削除確認のダイアログは"iPhoneの設定アプリ>bREADER>本棚を削除する前に確認"がオフの時は現れない。

bREADER 1.2.7 再び編集モード

削除を実行後、再び編集モードに戻る。編集モードを抜けるには、左上の"完了"ボタンのタップが必要だ。

画面右上の三本線アイコンをタップしてリスト画面に切り替えた場合も同様だ。

bREADER 1.2.7 リスト画面

"編集"ボタンで編集モードに入る。

bREADER 1.2.7 編集モード

サムネイルが薄くなり、それに重ねて丸が表示される。"本を削除"ボタンが現れるがまだ薄いままだ。

bREADER 1.2.7 本を選択

本をタップすると選択した印として丸が赤くなりチェックマークが入る。

bREADER 1.2.7 削除確認

"本を削除"ボタンで削除確認のダイアログが出るかどうかは、やはり"本棚を削除する前に確認"の設定次第だ。

bREADER 1.2.7 再び編集モード

削除の実行後は再び編集モードに戻る。

ここまで、本を1冊だけ削除するのに、本棚画面とリスト画面を問わず、"削除確認"がオンなら5ステップ、オフなら4ステップを要する。

第1の提案は、最後の"完了"の省略だ。

複数選択して削除できるのだから、削除の操作を繰り返すことは少ないはずだ。

また、"まとめる"ボタンの場合は、本をグループにまとめた後、自動的に編集モードを抜ける仕様になっている。

同様に、削除の後、自動的に編集モードを抜ける仕様にすれば、1冊だけ削除する場合、最短3ステップで完了する。

私のように頻繁にウェブ小説をダウンロードし、読んだらその都度消していく習慣の場合、削除が1ステップ短くなるのは大きい。

2011/09/30 18:22追記
バージョン1.2.8で、削除実行後に編集モードが自動的に解除される仕様に改められた。


第2の提案は、"ごみ箱"アイコンの設置だ。

本棚画面では、ドラッグアンドドロップで本を自由に並べ替えることができる。

本をドラッグした時に、上の"ダウンロード"と"時計(履歴)"アイコンの間に"ごみ箱"アイコンが現れるようにしてはどうだろう。

本をごみ箱までドラッグして指を離せば、一続きの動作で本を1冊削除できることになる。

従来の仕様では、複数の本をまとめて削除するには効率が良いが、読んだ本をその都度削除するには無駄がある。

ごみ箱アイコンがドラッグ中だけ現れるようにすれば、画面を煩雑にすることもなく、気持ち良く簡単に1冊の本の削除を行える。

第3の提案は、リストのスワイプ削除だ。

リスト画面では、本棚画面と違って編集モードに入らないと本の並べ替えはできないので、ごみ箱アイコンへのドラッグアンドドロップは無理がある。

その代わりに、リスト画面では、iPhoneで標準的な"横スワイプして削除ボタンを出す"ユーザインタフェイスを採用してはどうだろう。

本を1冊だけ削除する場合は、わずか2ステップで削除できることになる。


posted by リーダーアプリ奉行 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | bREADER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青空文庫の新規公開作品をiPhoneの青空文庫リーダーで読めるか?その6(金沢文庫)

青空文庫の新規公開作品をiPhoneの青空文庫リーダーで読めるか?その5(豊平文庫)」の続きだ。

●金沢文庫 バージョン1.0.4 (更新2011/08/05)

左上の本のアイコンをタップして "青空文庫" を選択すると、青空文庫リスト画面になる。

青空文庫リスト

ここで検索する前に、上の右から2番目の更新アイコンをタップしてリストを更新しよう。

青空文庫リストの更新

"ダウンロード"をタップすると、リストが更新される。"まひとこう"で検索してみる。ヒットした。



タイトルをタップすると、書籍データをダウンロードできる。

書籍データのダウンロード

ダウンロードが終わるとすぐに1ページ目が開かれる。

『間人考』1ページ目

相変わらず、組版はひどい。

『間人考』2ページ目

調べてみると、今日公開されたばかりの『速水女塾』までリストに載っている。

最新公開作品

青空文庫で公開されている作品なら別途ダウンロードする必要はなさそうだが、bREADERやi文庫Sと同様に、Safariで検索した青空文庫形式のテキストのZIPファイルをOpen Inで開くこともできる。ただし、ファイル名が書名になり、変更することはできない。

Open In

金沢文庫は、青空文庫で公開されている作品なら、比較的簡単にダウンロードできることが分かった。
posted by リーダーアプリ奉行 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 金沢文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

豊平文庫 バージョン1.9.14 アップデートで読書タイマーに対応

定番青空文庫リーダーの1つである豊平文庫がバージョンアップされた。

豊平文庫 1.9.14 アップデート

変更点はアップデート後最初に起動した時に表示される。
豊平文庫 1.9.14 変更点

青空文庫の新着作品リストが更新されている。8月11日公開の『愛は、力は土より』が最新だ。
豊平文庫 1.9.14 新着作品

『間人考』をダウンロードしてみる。
豊平文庫 1.9.14 間人考をダウンロード

画面右上に小さいアナログ時計が常時表示されている。消すことはできない。
豊平文庫 間人考1ページ目
2011/08/18 19:00追記
開発元からTwitterで指摘があった。アナログ時計は"情報と設定>設定>本文表示中”の"アナログ時計を表示"でオンオフできる。お詫びして訂正しておく。

豊平文庫 間人考2ページ目

新機能の読書タイマーを試してみよう。他のアプリには見られないユニークな機能だ。まず、画面上部をタップして操作メニューを出す。
豊平文庫 1.9.14 操作メニュー

"読書タイマー"ボタンをタップすると、読書タイマー画面になる。デフォルトではオフになっている。
豊平文庫 1.9.14 読書タイマーオフ

オンにすると、タイマーの残り時間を何分にセットするか、2桁の数字で入力できるようになる。電卓に似たテンキーなのに消去ボタンがなく、どうやって訂正や更新をしたらよいのか最初は戸惑ったが、2桁の数字(1桁なら頭に0を付ける)を入力すると前の数字は押し出される。
豊平文庫 1.9.14 読書タイマーオン

読書タイマーがオンだと、アナログ時計の外枠が残り時間に応じて太く表示される。
豊平文庫 1.9.14 読書タイマーオンの時計表示

読書タイマーは豊平文庫を(バックグラウンドからの復帰も含めて)起動するたびにカウントダウンをスタートする。指定の時間が過ぎると、画面の真ん中に"読書タイマー 豊平文庫を開いて◯◯分たちました”とポップアップする。音は鳴らない。

読み始めるとつい読みふけってしまう人には、目を休めるタイミングを計るために役に立つ機能だろう。
posted by リーダーアプリ奉行 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊平文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

ウェブ小説でありがちな誤字(2)

誤→正:解説

可愛そう→かわいそう:「可哀想」「可哀相」は当て字。「可愛そう」はIMEの誤変換による誤字?

無碍にする→無下にする:「無碍」「無礙」は自由気ままなこと(例:融通無碍)。冷淡に扱うのなら「無下」

やらざる負えない→やらざるを得ない:耳で聞いて「やらざるを えない」を「やらざる おえない」と覚えたのだろうか。
タグ:誤字
posted by リーダーアプリ奉行 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青空文庫の新規公開作品をiPhoneの青空文庫リーダーで読めるか?その5(豊平文庫)

青空文庫の新規公開作品をiPhoneの青空文庫リーダーで読めるか?その4(SkyBook)」の続きだ。

●豊平文庫 バージョン1.9.13 (更新2011/07/23)

豊平文庫は青空文庫専用のリーダーだ。bREADERやi文庫Sやi文庫のように青空文庫作品リストをアップデートする機能もない。内蔵されているリストはアプリのアップデートの際に更新される。

リスト以外のファイルを直接ダウンロードしたりOpen Inで他のアプリから開く機能もないので、アプリ更新日以降に公開された青空文庫作品を読む方法はない。

内蔵されたリストは、ランキング、新着作品など整備されていて、読書に慣れていないユーザでもダウンロードしやすくなっている。

新着等/作家別

バージョン1.9.13で読める最新の作品は、牧野信一の『私の変態心理』と分かる。

新着作品

タイトルをタップすると、すぐにダウンロード画面が出る。"ダウンロードして読む"と"ダウンロードのみ"を選べる。この辺りのユーザインタフェースは分かりやすい。

ダウンロード画面

"ダウンロードして読む"ボタンをタップすると、ダウンロードの後、自動的に1ページ目が開く。非常に簡単だ。

豊平文庫 私の変態心理1ページ目

二倍ダーシがつながっていないことや、コロンが立ったままなのは気になるが、読み始めるまでが楽なのは評価できる。

豊平文庫 私の変態心理2ページ目

では、7月24日に公開された豊平文庫 バージョン1.9.13は、どれぐらい新しい作品まで読めるのだろうか?

iPhoneのMobile Safariで"青空文庫 新着作品"を検索してみる。

iPhoneのSafariで検索

青空文庫 新着作品リスト1

『私の変態心理』は7月17日に青空文庫で公開されていたと分かった。アプリをAppleに提出してから、App Storeで公開されるまで、通常1週間程度かかるので、ちょうど計算が合う。

青空文庫 新規公開作品2

一方、青空文庫で公開されている最新の作品は、今日8月17日公開だ。今から1ヶ月以内に公開された作品は豊平文庫では読めないことになる。

今年に入ってからの豊平文庫のアップデート頻度を見ると、10000作品を突破した時の1.9.10を除くと、概ね1ヶ月間隔でアップデートされている。

つまり、Appleの審査期間を加えると、最悪で5週間以内の作品が読めないことになる。

繰り返すが、豊平文庫は青空文庫専用のリーダーだ。独自テキストを読めるようにとまでは望まないが、青空文庫として公開されている作品なら、最新のものまで読めるような何らかの手立てが欲しい。


次回は、最後に金沢文庫を取り上げる予定だ。(次に続く)
posted by リーダーアプリ奉行 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊平文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

青空文庫の新規公開作品をiPhoneの青空文庫リーダーで読めるか?その4(SkyBook)

青空文庫の新規公開作品をiPhoneの青空文庫リーダーで読めるか?その3(i文庫)」の続きだ。

●SkyBook バージョン2.8.11 (更新2011/07/30)

SkyBook 青空文庫

まずは"作品追加"ボタンをタップする。

SkyBook 作品追加

ダウンロード画面に変わる。右上の虫眼鏡アイコンをタップすると作品検索できる。

SkyBook 作品検索

"まひとこう"と入力して"検索"をタップしてもヒットしない。このバージョンの更新時期を考えると当然か。

SkyBook 作品検索失敗

SkyBookはOpen Inには対応していないが、i文庫と同様にインターネットからの直接ダウンロードに対応している。

SkyBookを終了して、iPhoneの設定アプリ>SkyBookを開き、上級設定の"青空文庫以外も使う"をオンにする。

今回は青空文庫の最新公開作品をダウンロードするわけだが、直接ダウンロードする場合は"青空文庫以外"という括りになるわけだ。

SkyBook 上級設定

SkyBookを再度起動し、"本棚選択”をタップすると、"FILES"というフォルダが増えている。

SkyBook 本棚選択

"FILES"をタップして本棚画面に移る。

SkyBook 独自ファイルフォルダ

ZIPファイルをタップしてOpen Inで開くことはできないので、前もってURLを調べる必要がある。例によってiPhoneのMobile Safariで検索する。

iPhoneのSafariで作品検索

リンクを辿り、作品のZIPファイルを見つける。

ダウンロードファイルのZIP

ZIPファイルのリンクを長押しして、URLをコピーする。

ダウンロードファイルのURLをコピー

SkyBookに戻って"作品追加"ボタンをタップし、"ファイルのダウンロード"画面を出す。

SkyBook ファイルのダウンロード

さっきコピーした作品のURLをペーストする。

URLをペースト

"ダウンロード"ボタンをタップして少し待つと、"ダウンロード完了"と出る。

ダウンロード完了

本棚に本が増えている

左上の"閉じる"ボタンをタップして本棚に戻ると、本棚に本が増えている。残念ながら、書名はファイル名そのままだ。訂正したいのだが、書名変更はできないようだ。

大扉はファイル名が書名に

開いてみると、大扉もファイル名が書名になっている。

SkyBook 間人考2ページ目

SkyBook 間人考3ページ目

SkyBook 間人考4ページ目

本文は、約物(記号類)が連続した場合の字送りも調整されているが、行末(地)が揃えられていないのと、行頭(天)に括弧が来た時に行頭が揃えられていない(天ツキになっていない)のが惜しい。

SkyBookの場合も、多少手間がかかるのと、本棚で書名がうまく表示されないのを我慢すれば、最新の青空文庫公開作品もダウンロードして読むことができると分かった。

次は、豊平文庫を取り上げる予定だ。(次へ続く)
posted by リーダーアプリ奉行 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | SkyBook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhone青空文庫リーダー人柱報告 あおぞら書庫 バージョン1.0 (85円)

iTunesで「青空文庫」を検索すると、7月末に新しい青空文庫リーダーが出ていた。

あおぞら書庫 バージョン1.0だ。

iPhoneの青空文庫リーダーの定番はあまり動きがない。

なにか面白いところはないかと思って、ダウンロードして試してみた。

あおぞら書庫 1.0 説明1

あおぞら書庫 1.0 説明2

最初の画面にはガイドが出てきて分かりやすい。
あおぞら書庫 初期画面

操作ガイドはたったのこれだけだ。
あおぞら書庫 操作ガイド

書名で検索してみる。リストをタップするとダウンロード画面に移行する。
あおぞら書庫 タイトルで検索

真ん中のダウンロード"をタップするとダウンロードが始まる。
あおぞら書庫 ダウンロード

ダウンロード完了。"この本を読む"タップですぐに読める。
あおぞら書庫 ダウンロード済み

App Storeのスクリーンショットとは違って、iPhoneのステータスバーが消えない。文字サイズ中。
あおぞら書庫 長崎の鐘1ページ目

文字サイズを細かく設定できない。これは文字サイズ小。
あおぞら書庫 文字サイズ小

最近になって公開されたばかりの作品は検索にヒットしない。
最近の公開作品はリストにない

文字サイズ大で『美しい村』(堀辰雄)を表示させてみると、促音が行末にぶら下がっている。これは見苦しい。
あおぞら書庫 文字サイズ大

いいところ
+ 安い(85円)
+ 使い方は簡単(というか機能が少なすぎる)
+ 設定やダウンロード画面のデザインが可愛い

せっかくダウンロードしたので、いいところを探してみたが、これだけしかなかった。

アレなところ
- 組版のレベルは低い(「っ」がぶら下がる、傍点に未対応、約物の字詰め調整なし、二倍ダーシは途切れる)
- 大扉は生成されない
- iPhoneのステータスバーが隠れない
- タップでページをめくれない(フリックのみ)
- ページめくりのアニメはない(スライドのみ)
- 独自テキストは読めない
- 新規公開作品はアプリのアップデート待ち(Ver.1.0で2011/07/12公開作品まで)
- フォントサイズは大中小の3種類(大は大きすぎ、中は小さすぎる)
- しおりは1作品に1つ(前回閉じたページを覚えているだけ)
- 本文検索なし
- 書庫にフォルダやグループはなし
- 辞書連携なし
- 本文のコピー不可
- フォントの変更不可(IPAフォント)

結論は「安かろう悪かろう」だ。厳しい評価だが、拗音促音を行末にぶら下げて恥じないセンスには怒りすら覚える。
posted by リーダーアプリ奉行 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 人柱報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定番の青空文庫リーダー i文庫S バージョン1.05 アップデートでサムネイルとPDFしおりPDF検索に対応

定番の青空文庫リーダー i文庫S (350円)がバージョンアップされた。

i文庫S 1.05 アップデート

画面中央をタップすると右下に出てくる田の形のアイコンをタップするとサムネイルが表示される。
サムネイルのボタン

サムネイル大
サムネイル大

サムネイル小
サムネイル小
posted by リーダーアプリ奉行 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | i文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。