2011年08月14日

青空文庫の新規公開作品をiPhoneの青空文庫リーダーで読めるか?その1(bREADER)

Macで青空文庫の新規公開作品リストを見ていて、喜田貞吉の『間人考』を読んでみようと思った。

Google Chromeに拡張機能「縦書き」を入れれば、そのままMacの画面でも縦書きで読めるのだが、せっかくだからiPhoneの青空文庫リーダーで文庫本っぽく読んでみよう。

●bREADER バージョン1.2.7 (更新2011/07/29)

『間人考』の青空文庫ファイルは8月10日公開だ。当然、bREADERの青空文庫データベースにはまだ反映されていない。

一覧の内容を更新する

"ダウンロード"→"Aozora"→右下のインデックスの"わ"をタップして、リストの一番下までスクロールさせ、"一覧の内容を更新する"をタップする。

追加分のみ取得して更新

"追加分のみ取得して更新"ボタンをタップ。

「まひと」で検索

更新が終り、検索バーに「まひと」と入力したところで、『間人考』が絞りこまれた。タイトルをタップするとダウンロードしてくれる。

ダウンロード終了

ダウンロードが終わっても自動的に本を開いてはくれない。気が利かない気もしたが、連続して本をダウンロードしたい時は勝手に本を開くよりこの方がいいのだろう。右上の田の形をしたアイコンをタップすると本棚に戻る。

本棚に戻ると本ができている

『間人考』をタップすると読み始められる。

『間人考』1ページ目

『間人考』2ページ目

あまりにも簡単すぎて気が抜けてしまった。最新の、つまり今日8月14日に公開されたばかりの『河伯令嬢』(泉鏡花)はどうだろう?

「かはくれいじょう」はヒットせず

さすがにヒットしない。bREADERには、直接青空文庫のZIPファイルを開く機能があるので、iPhoneのMobile Safariで"かはくれいじょう 河伯令嬢"を検索してみる。

Safariで検索

一発で青空文庫の図書カードがヒットした。

河伯令嬢のZIPファイル

ZIPファイルを開く

ZIPファイルのリンクをタップし、ダイアログで"開く"をタップする。

空白のページに見えるが……

bREADERで開く

ただの空白ページに見えるが、左にスクロールさせるとボタンが現れる。"bREADERで開く"をタップ。

本ができている

書名のよみがおかしい

bREADERが起動し、『河伯令嬢』の本ができている。ただ、書名の読みはうまくセットされなかった。

『河伯令嬢』1ページ目

『河伯令嬢』2ページ目

『河伯令嬢』3ページ目

bREADERだと最新の公開作品も比較的簡単に読めることが分かった。

次回は、i文庫Sで試してみよう。次に続く


posted by リーダーアプリ奉行 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | bREADER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。