2011年08月17日

青空文庫の新規公開作品をiPhoneの青空文庫リーダーで読めるか?その5(豊平文庫)

青空文庫の新規公開作品をiPhoneの青空文庫リーダーで読めるか?その4(SkyBook)」の続きだ。

●豊平文庫 バージョン1.9.13 (更新2011/07/23)

豊平文庫は青空文庫専用のリーダーだ。bREADERやi文庫Sやi文庫のように青空文庫作品リストをアップデートする機能もない。内蔵されているリストはアプリのアップデートの際に更新される。

リスト以外のファイルを直接ダウンロードしたりOpen Inで他のアプリから開く機能もないので、アプリ更新日以降に公開された青空文庫作品を読む方法はない。

内蔵されたリストは、ランキング、新着作品など整備されていて、読書に慣れていないユーザでもダウンロードしやすくなっている。

新着等/作家別

バージョン1.9.13で読める最新の作品は、牧野信一の『私の変態心理』と分かる。

新着作品

タイトルをタップすると、すぐにダウンロード画面が出る。"ダウンロードして読む"と"ダウンロードのみ"を選べる。この辺りのユーザインタフェースは分かりやすい。

ダウンロード画面

"ダウンロードして読む"ボタンをタップすると、ダウンロードの後、自動的に1ページ目が開く。非常に簡単だ。

豊平文庫 私の変態心理1ページ目

二倍ダーシがつながっていないことや、コロンが立ったままなのは気になるが、読み始めるまでが楽なのは評価できる。

豊平文庫 私の変態心理2ページ目

では、7月24日に公開された豊平文庫 バージョン1.9.13は、どれぐらい新しい作品まで読めるのだろうか?

iPhoneのMobile Safariで"青空文庫 新着作品"を検索してみる。

iPhoneのSafariで検索

青空文庫 新着作品リスト1

『私の変態心理』は7月17日に青空文庫で公開されていたと分かった。アプリをAppleに提出してから、App Storeで公開されるまで、通常1週間程度かかるので、ちょうど計算が合う。

青空文庫 新規公開作品2

一方、青空文庫で公開されている最新の作品は、今日8月17日公開だ。今から1ヶ月以内に公開された作品は豊平文庫では読めないことになる。

今年に入ってからの豊平文庫のアップデート頻度を見ると、10000作品を突破した時の1.9.10を除くと、概ね1ヶ月間隔でアップデートされている。

つまり、Appleの審査期間を加えると、最悪で5週間以内の作品が読めないことになる。

繰り返すが、豊平文庫は青空文庫専用のリーダーだ。独自テキストを読めるようにとまでは望まないが、青空文庫として公開されている作品なら、最新のものまで読めるような何らかの手立てが欲しい。


次回は、最後に金沢文庫を取り上げる予定だ。(次に続く)
posted by リーダーアプリ奉行 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊平文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。