2011年11月06日

スティーブ・ジョブズ公式伝記をKinoppyとアプリ版で読み比べて

『スティーブ・ジョブズ』公式伝記を紀伊國屋のKinoppyと講談社のアプリ版スティーブ・ジョブズ で読み比べてみた。

Kinoppyのビューアのエンジンは、.book形式のためボイジャーのT-Timeが使われる。一方、アプリ版ではモリサワのMCBookというエンジンが使われている。青空文庫ビューアでも組版のレベルには差があるが、T-TimeとMCBookの比較では、明らかにT-Timeのレベルが低い。

MCBookでは約物(記号類)が連続した時の字詰めが調整されるが、T-Timeではされない。T-Timeで「〜」のフォントが横書きのものをそのまま回転させただけなのには呆れた。書籍版に近い版面を実現しているのはMCBookである。

T-Timeが1998年に発表された時点ではハードの制約が厳しかったのかもしれないが、今になってもこんな体たらくでは情けない。

操作性ではKinoppyの方が優れている。アプリ版では文字選択が難しい。大辞林やbREADERと同様に縦になぞって文字選択できるのだが、大辞林やbREADERではほとんど一発で指定できるのに、アプリ版では一度でうまく指定できない。横にスワイプしてページ送りする際に誤って文字選択になってしまうことも多い。

アプリ版はiOSだけだが、KinoppyはPCやAndroidやソニーReaderといったマルチデバイスに対応している。

にもかかわらず、上巻をKinoppyとアプリ版の両方で読み比べてみた結果、下巻はアプリ版を購入した。書籍版と比べてお粗末な組版のT-Timeが許せなかったからだ。

Kinoppyでの表示例(フォントは秀英明朝)
Kinoppy 1
Kinoppy 2
Kinoppy 3

アプリ版での表示例(フォントはリュウミンL)
アプリ版 1
アプリ版 2
アプリ版 3

書籍版へのリンク





posted by リーダーアプリ奉行 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233902643

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。