2012年01月02日

i文庫SとbREADERの青空文庫形式対応テスト android_reader@ウィキの追試

android_reader @ ウィキにあった「Android用 青空文庫ビューア 青空文庫形式対応、機能比較 2011/12/29」をi文庫S (350円)bREADER (350円)で追試してみた。

◯×△はウィキでのテスト項目(1)〜(18)に対応する。◯は対応、×は非対応、△は一部対応。

i文庫S Ver.2.1.2 (更新: 2011/12/23)
i文庫S テスト1
i文庫S テスト2
i文庫S テスト3
i文庫S テスト4
i文庫S テスト5
◯◯××△◯△××△××◯◯◯◯×△
ちょんちょん表示対応。注記だけの行は空行になる。
最大読み込みファイルサイズは不明。
対応していない注記は非表示。
まとめると、字下げ、字詰め、見出し、文字サイズ、罫囲み、割り注、横組み、約物の字詰め調整に非対応。
太字はゴシック体ではなくボールドになる。
鎖線と破線が同じで字間が空く。
半角英数字のルビの位置がおかしい。

bREADER Ver.1.3.2 (更新: 2011/10/31)
bREADER テスト1
bREADER テスト2
bREADER テスト3
bREADER テスト4
◯◯△×◯◯◯××△◯◯△◯◯◯◯◯
ちょんちょん表示対応。
注記だけの行は空行になる。
最大読み込みファイルサイズは不明。
対応していない注記は表示するかしないか選べる。
まとめると、字詰め、見出し、文字サイズ、罫囲み、外字注記の一部に非対応。
字下げには対応しているが、折り返しての字下げには非対応。




posted by リーダーアプリ奉行 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。