2012年03月14日

一部の出版社のダウンロード期間制限を非難する

KinoppyのFAQを読んで、岩波書店、角川グループ、講談社、ぶんか社の4社は、購入した本のダウンロード期間を1年間に制限していることが分かった。

http://bookwebplus.jp/faq.html#937

私が『スティーブ・ジョブズ』公式伝記をダウンロードした時は、そんなことはどこにも書いていなかったのにもかかわらず、である。

これは紀伊國屋書店の意向ではなく、出版社の意向だということだ。

しかし、マルチデバイス対応を売りにしているKinoppyで、 1年経ったら新しく購入したデバイスに作品をダウンロードできなくなるのでは、購入ではなくレンタルではないか。

紀伊國屋書店に対して含む所はないが、この制限が撤廃されない限り、私が先の4社の電子書籍を購入することは決してないだろう。

2012/03/18 12:22 追記
FAQのダウンロード期限を設けている出版社のリストから角川グループが消えている。紀伊國屋書店が交渉してくれたのだろうか? どちらにしても歓迎だ。角川の電子書籍は私の中の不買リストから外すことにした。

2012/03/22 20:35 追記
Kinoppyの書庫から本を削除しない限り、再ダウンロード期限を過ぎても書籍データの同期はできるらしい。同期と再ダウンロードが異なるというのは誤解しやすいが、出版社の出した条件をクリアするための苦肉の策だろうか? 参考>「DL1年制限」に惑わされるな!Kinoppyは現在最強のクラウド電子書籍だ

2012/03/27 09:27 追記
角川グループに続いて岩波書店もダウンロード期限を設けている出版社のリストから消えた。 参考>電子書籍のDL一年制限の件でKinoppy公式サイトに変化があった模様

2012/04/03 07:50 追記
ダウンロード期限を設けたFAQそのものが消滅した。これでこの問題は一応解決したと考えていいだろう。参考>Kinoppyから「DL一年制限」の表記が消えて真の最強電子書籍ストア環境になりました

posted by リーダーアプリ奉行 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

金沢文庫 バージョン1.1.1 アップデート

金沢文庫 (1,000円)が約半年ぶりにバージョンアップされた。

金沢文庫 バージョン1.1.1 アップデート

アップデートしても既にダウンロード済みの本は消えなかった。


posted by リーダーアプリ奉行 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 金沢文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

紀伊國屋書店Kinoppy バージョン1.1.0 アップデート

紀伊國屋書店Kinoppy (無料)がバージョンアップされた。

有料の本を買わなくても、Safariで青空文庫の図書カードのページを開いて、青空文庫形式のZIPをOpen Inすることで、無料の青空文庫リーダーとして使用できる。本を買わなくても個人情報を登録しないといけない面倒くささが玉に瑕だが。

Kinoppy 1.1.0 アップデート1
Kinoppy 1.1.0 アップデート2


posted by リーダーアプリ奉行 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 関連アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

豊平文庫 バージョン1.9.21 マイナーアップデート

豊平文庫 (350円)がバージョンアップされた。

豊平文庫 1.9.21 アップデート


posted by リーダーアプリ奉行 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊平文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

i文庫S バージョン2.2.0 アップデート

i文庫S (350円)がバージョンアップされた。

i文庫S 2.2.0 アップデート


posted by リーダーアプリ奉行 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | i文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。